マスコミ研究会
Top会社概要日刊合同通信季刊 『放送界』購読申し込みお問い合わせSite Map
 
日刊合同通信 - Headline News

2019年3月25日(月)発行

バックナンバー

    Pick Up!

    エフエム東京系列局から聞こえてくる音なき黒い声』

    ラジオ業界や広告業界から聞こえてくる話によると、エフエム東京の凋落が業績以外にも様々に顕在化し止まらない様相なのだという。V-Low「i-dio」は相変わらず事業化の目途が立たずに巨額投資を続けながら止めるに止められず、エフエム東京が主導する関連会社での大損失が続いているようだ。JFN系列局の怒りも深まるばかり…。 (2月13日付掲載)

    (全文は「日刊 合同通信」に掲載)

    3月26日(火)付記事一覧
  • 総務省、Vハイ帯活用方策取りまとめ案固まる
  • 日テレ局長会、総合・タイムシフト共「3A」首位
  • ABC会見、「キャスト」前倒し枠大・「相席」移行及1H化
  • カンテレ会見、4月改編火曜22時最優先強化
  • 日テレ、「新生ZIP!」はキーワード3点で改革
  • MBS、HDは三村代取会長化で梅本新社長昇任
  • TBS、「カタリ」がハイブリッドキャスト対応
  • フジ、ももクロがまる子アンバサダー及主題歌
  • テレ東、ソニーPらとリメイクオプション契約
  • テレ朝、新生「大下容子ワイド!スクランブル」
  • TBS、「世界一タメになる旅」地上波放送復活
  • 東日本、夕方報道情報ベルト「チャージ!」新設
  • 青森放送、22年連続3冠・全24週全局トップ
  • HTB、「チャンネルはそのまま」最終話9・8%
  • GAORA、ANAスカイライブTVに番組供給
  • テレ朝、「ポツンと一軒家」「イッテQ」を3度目上回る
  • ADK、「新生グループ」を表現のアート作品
  • 総務省、アンゴラが20カ国目地デジ日本方式採用
  • TeNY、「イノセンス」16・8%で3冠



    2012年8月8日(水)付―7日(火)発行 日刊合同通信 特別編
  • 本紙55周年を迎えてのあれこれ
    こけぬうちの“想い”を込めて



    * 『日刊合同通信』のご購読は「購読申し込み」のページへ
    * 土・日・祝祭日は休刊です




季刊 『放送界』 最新号

No.221   2018年 夏季特集号

ズームアップインタビュー
「視聴率神話」からの脱却を!
創り手の原点が鍵
重延 浩 テレビマンユニオン会長

スペシャルインタビュー
放送ジャーナリズムの現状と未来
伝えるべき情報とは?
砂川浩慶 立教大学教授

表紙の人
細井 優 東京テレポートセンター社長のすべて

グラビア 
BS258
Dlifeは、進化する!!

民放経営白書 平成30年3月期決算分析

…and more
(Aug31, 2018)









サイト内検索
powered by Google

更新情報

2018/8/31 季刊 『放送界』 No.221 夏季特集号 発行

2018/4/25 季刊 『放送界』 No.220 陽春号 発行

2017/12/25 季刊 『放送界』 No.219 新年特集号 発行

2017/7/31 季刊 『放送界』 No.218 夏季特集号 発行

2016/12/20 季刊 『放送界』 No.217 新年特集号 発行

2016/7/30 季刊 『放送界』 No.216 夏季特集号 発行

2016/3/15 季刊 『放送界』 No.215 陽春号 発行

2015/12/25 季刊 『放送界』 No.214 新年特集号 発行

2015/10/31 季刊 『放送界』 No.213 秋季号 発行

2015/7/31 季刊 『放送界』 No.212 夏季号 発行

2015/3/31 季刊 『放送界』 No.211 陽春号 発行

2014/12/28 季刊 『放送界』 No.210 新年特集号 発行

2014/11/10 季刊 『放送界』 No.209 秋季号 発行

2014/7/25 季刊 『放送界』 No.208 夏季号 発行

2014/3/31 季刊 『放送界』 No.207 陽春号 発行

2013/10/10 季刊 『放送界』 No.205 秋季号 発行

2013/7/16 季刊 『放送界』 No.204 夏季号 発行

2013/3/21 季刊 『放送界』 No.203 陽春号 発行

2012/12/18 季刊 『放送界』 No.202 新年特集号 発行

2012/10/25 季刊 『放送界』 No.201 秋季号 発行
2012/7/25 季刊 『放送界』 No.200 夏季号 発行
2005/5/16 弊社発行協力書籍
『マスメディアの過保護を斬る!』
好評発売中

Copyright