マスコミ研究会
Top会社概要日刊合同通信季刊 『放送界』購読申し込みお問い合わせSite Map
 
日刊合同通信 - Headline News

2018年6月13日(水)発行

バックナンバー

    Pick Up!

    宮内社長下の執行部強化・大山鳴動して…』

    フジの今年役員人事は、事前に漏れたゆえに取り消したのか、それとも元々無かったのかはともかく役員担務の一部変更及び、中田専務技術担当がテレビ熊本の副社長転出、小川晋一執行役員常務・総合事業局長の新取締役選任にとどまり、焦点の役員数は“一減一増”で変わらず。「大山鳴動して…」の周辺を見ると…。(5月9日付掲載)

    (全文は「日刊 合同通信」に掲載)

    6月14日(木)付記事一覧
  • 民放各局、制作現場の働き方改革・まず実態調査
  • LF岩崎社長「ラジオ媒体価値向上に注力」
  • 総務省、放送コンテンツ海外展開事業19件決る
  • テレ朝、Abemaアメフト会見視聴240万超
  • 日テレ、ゲオとTSUTAYAで「ミライ」盛上げ
  • TBS、大東建託・いい部屋ネットレディス
  • テレ東、「ニチレイレディス」17日放送
  • テレ朝、10月金ドラ「僕とシッポと神楽坂」
  • フジ、「生放送!AKB48緊急会議」配信
  • スカJ、新規3・5万・解約5万強・純減1万弱
  • WOWOW、新規4万・解約4万・純減2000件強
  • HDY、博報堂横這い・大広は7・9%減
  • 日テレ、放送文化基金賞個人・グループ部門受賞
  • 鹿児島テレビ、五味弘文新作お化け屋敷「真夜中の死着室」
  • MBS、神戸コレクション秋・冬8月
  • Jスポーツ、「ル・マン24時間」完全生中継へ
  • アド協、日経新聞電子版広告取り組み事例
  • 業協、米NY・シアトルでW&K・アマゾン訪問
  • カンテレ、「大陶磁器まつり2018」
  • ミヤギ、報道特番「引き裂かれた大地のいま」



    2012年8月8日(水)付―7日(火)発行 日刊合同通信 特別編
  • 本紙55周年を迎えてのあれこれ
    こけぬうちの“想い”を込めて



    * 『日刊合同通信』のご購読は「購読申し込み」のページへ
    * 土・日・祝祭日は休刊です




季刊 『放送界』 最新号

No.220   2018年 陽春号

トップインタビュー
動画配信の枠に収まらないコンテンツ最大化図る
「Paravi」始動
綱康裕 プレミアム・プラットフォーム・ジャパン社長

スペシャルインタビュー
マスメディアへの信頼度は低下傾向
テレビ“らしい”コンテンツ制作を
大黒岳彦 明治大学教授

表紙の人
上田 修 ジェイ・スポーツ会長のすべて

グラビア 2020が熱い 東京臨海エリアに聳える
TOKYO凱旋門 テレコムセンタービル!!

…and more
(Apr25, 2018)







サイト内検索
powered by Google

更新情報

2018/4/25 季刊 『放送界』 No.220 陽春号 発行

2017/12/25 季刊 『放送界』 No.219 新年特集号 発行

2017/7/31 季刊 『放送界』 No.218 夏季特集号 発行

2016/12/20 季刊 『放送界』 No.217 新年特集号 発行

2016/7/30 季刊 『放送界』 No.216 夏季特集号 発行

2016/3/15 季刊 『放送界』 No.215 陽春号 発行

2015/12/25 季刊 『放送界』 No.214 新年特集号 発行

2015/10/31 季刊 『放送界』 No.213 秋季号 発行

2015/7/31 季刊 『放送界』 No.212 夏季号 発行

2015/3/31 季刊 『放送界』 No.211 陽春号 発行

2014/12/28 季刊 『放送界』 No.210 新年特集号 発行

2014/11/10 季刊 『放送界』 No.209 秋季号 発行

2014/7/25 季刊 『放送界』 No.208 夏季号 発行

2014/3/31 季刊 『放送界』 No.207 陽春号 発行

2013/10/10 季刊 『放送界』 No.205 秋季号 発行

2013/7/16 季刊 『放送界』 No.204 夏季号 発行

2013/3/21 季刊 『放送界』 No.203 陽春号 発行

2012/12/18 季刊 『放送界』 No.202 新年特集号 発行

2012/10/25 季刊 『放送界』 No.201 秋季号 発行
2012/7/25 季刊 『放送界』 No.200 夏季号 発行
2005/5/16 弊社発行協力書籍
『マスメディアの過保護を斬る!』
好評発売中

Copyright